事業概要 (NPO法人アゴラ音楽クラブ - Agora Music Club)

事業概要

1. 音楽指導

障がいを持つ人は、音楽が好きであっても一般の音楽教室にはなじみにくいことがあるものです。アゴラ音楽クラブでは障がい者の指導経験が豊富な講師と連携し、障がい者それぞれのニーズに合った音楽レッスンの場をコーディネイトします。
ところで、保護者の皆さんがよく言われるのは、音楽が好きなので習わせてあげたいけれどどんな楽器が合っているのかわからない、ということです。アゴラ音楽クラブではまず音楽療法コースでいろいろな楽器に触れてみて、ふさわしい楽器やレッスンの方法を検討します。

また、アゴラ音楽クラブでは受講者の皆さんの発表の場としてコンサートを企画いたします。

IMGP5431.JPG

(レッスン日時・料金)

グループレッスン

(会場:富雄北小学校プレイルーム)    

アゴラ太鼓   入会(和太鼓維持費)53,000円
             ※正式入会は練習に6ヶ月程度参加してみてからご検討下さい 
    初級・一般クラス (水野)月2~3回(第1,3, 5土曜13:00~16:00)  3,000円/月
    応用クラス (水﨑) 月1回(第2土曜14:00~16:00) 1,000円/月

ダンス    (北島) 月1回(原則として第4土曜13:00~15:00) 1,300円/月

個人レッスン

(会場:スペースアゴラ音楽教室 )   

ピアノ   (大井・水野) 月3~4回(1回約40分) 9,000円/月

マリンバ  (森田) 月3回   (1回約30分) 9,000円/月

バイオリン (島本) 未定 

♪見学ご希望の方、お問い合わせは、Tel/Fax 0742-93-3485(水野)
または、E-mail  eriko.agora@gmail.com までご連絡ください。

2. 指導者・ボランティアの養成

障がい児・者の音楽指導者、あるいはボランティアとして音楽活動に関わりたいと考えておられる方は、NPOアゴラ音楽クラブにボランティア登録していただくと、各々のニーズに応じて個人指導またはグループでの講習会を行います。
そして和太鼓やダンス、合奏などの練習・演奏活動時にボランティアとして参加して頂きます。

IMG_5423.JPG

♪お問い合わせは、Tel/Fax 0742-93-3485(水野)または、
E-mail  ereriko.agora@gmail.com までご連絡ください。

3. 訪問演奏

NPOアゴラ音楽クラブでは様々な音楽家と連携して、学校や幼稚園、自治会・子供会などの他、授産施設や病院、老人ホームなどでのコンサートを企画します。

また、障がいを持つ演奏者によるコンサートも行います。
・和太鼓チーム「アゴラ太鼓」の迫力のある演奏はイベントやお祭りを盛り上げます。
・学校での障がい者理解学習、自治体や企業主催の障がい者福祉セミナーなどでの演奏・交流により、より深い障がい者理解をもたらします。

IMG_2312.JPG


♪ご依頼、お問い合わせは、Tel/Fax 0742-93-3485(水野)
または、E-mail  eriko.agora@gmail.com までご連絡ください。

4. 訪問音楽レクリエーション、訪問音楽療法

特別支援学校、施設などを訪問して音楽レクリエーションを行います。
集団音楽レクリエーションは人と人が繋がるきっかけを作り、音楽を介して言葉や身振りのやりとりをすることで対人コミュニケーション能力が向上します。
また、在宅療養・入院中の患者に対し訪問音楽療法(個別)を行います。
音楽リズムによって脳を活性化し、身体をリズミカルに動かすことで機能改善を促します。

IMG_5809.JPG

♪ご依頼、お問い合わせは、Tel/Fax 0742-93-3485(水野)
または、E-mail  eriko.agora@gmail.com までご連絡ください。

5. 音楽の効用に関する学術研究

本法人の大きな特徴は,学術研究を目的・事業に含んでいることです.音楽の療法的効用に関するわが国の学術研究はまだ進んでいるとは言えない状況です.本法人では音楽活動が障害改善にもたらす効果その他について専門家や研究機関と連携して学術研究を行い,その成果を障がい者の活動にフィードバックしてゆきます.

具体的には,本法人に参加している障害者の演奏練習中の,身体運動情報や音情報を長期的に記録していきます.得られたデータを解析することにより,個人個人の演奏能力が発達していく様子を定量的に把握することができるだけでなく,本法人という小さな社会における,集団の相互作用の科学的理解も進むことが期待できます.さらに,これらの研究成果に基づいて,より良い音楽療法を開発することも可能になると期待されます.

無題の添付ファイル 00007.jpg